HOME > 審美歯科治療 > セラミック治療の種類による分類 > セラミックブリッジ治療

セラミックブリッジ治療

ブリッジとは

セラミックブリッジ治療
ブリッジ治療

虫歯などで歯を失った場合に、両隣の歯を支えにして、橋を架けるように人工歯で補う治療をブリッジといいます。両隣の歯と一体で連結冠を作り、両隣の歯を土台として歯のない部分(1本~複数)を人工歯で補います。
入れ歯のようにガタついたり金具が見えることがなく、違和感が少なく審美的にも優れているという利点がありますが、両隣の歯を削ってクラウン(冠)を被せる必要があり、両隣の歯に負担がかかるという欠点があります。(両隣の健康な歯を削りたくない、という方には、インプラント治療をおすすめします)

保険のブリッジとセラミックブリッジ

保険診療のブリッジは、銀色の金属の人工歯(前歯部に関しては硬質レジン前装冠)を使用するため、他の人とお話をされたりする際にお口の中に金属が見えてしまいます。また、ブリッジは欠損歯とその両側の複数歯が治療の対象となりますので、1本だけ銀色のクラウン(冠)にするのよりも金属が目立ちやすく、審美面での大きな問題があります。金属のブリッジが目立つのが嫌で、虫歯が進行しても通院をためらわれている方もいらっしゃるようです。

セラミックを使用するブリッジは保険適用外となりますので、費用が高くなってしまいますが、ご自身の歯の色に近い綺麗なブリッジ治療を受けていただくことができます。

ページトップへ戻る

セラミックブリッジの種類

ブリッジに使用できるセラミックは、ハイブリッドセラミックメタルボンドセラミック、またはジルコニアオールセラミックです。

ハイブリッドセラミックブリッジ

レジン(プラスチック様の素材)とセラミック素材を混ぜ合わせたものを使用しているブリッジです。裏側のフレームには金属を使用する必要があります。保険治療では銀色のブリッジになりますが、ハイブリッドセラミックブリッジなら、天然の歯に近い色のブリッジを作ることができ、審美性が高くなります。

ただし、メタルボンドセラミックブリッジ・メタルボンドセラミックブリッジ【ハイクオリティー】、ジルコニアオールセラミックブリッジ・ジルコニアオールセラミックブリッジ【ハイクオリティー】に比べると透明感に欠け、綺麗さも数段落ちます。

ハイブリッドセラミック治療

メタルボンドセラミックブリッジ

金属のフレームに、セラミックを焼き付けたブリッジです。ハイブリッドセラミックブリッジよりも透明度に優れ、強度もあります。
芯材に金属を使用しておりますので、将来歯茎がやせて下がってきてしまった際には、境目の金属が見えてしまうことがございますが、表面は完全なセラミック素材ですので、汚れがつきにくく、黒ずんだり黄色く変色する心配がありません。
フレームに、ジルコニアを使用するジルコニアオールセラミックブリッジと比較すると、芯に金属を使用している分透明度に欠けますので、より審美性の高いブリッジをご希望の方は、ジルコニアオールセラミックブリッジをお選びください。

メタルボンドセラミック治療

ジルコニアオールセラミックブリッジ(ジルコニアフレーム)

フレームにジルコニアを使用したブリッジです。強度が高いので、金属を使用せずに治療が行えます。
ブリッジ治療では歯のない部分に大きなたわみ力がかかります。この力により従来のセラミック素材では、歯にヒビが入ったり、割れてしまうという欠点があり、その対策として内側に金属を使用し強度を上げていました。
しかし金属を内側に使用すると、金属が光を遮ってしまい天然歯のような透明感を出すことが難しく、さらに加齢により歯茎が痩せてくると、金属の黒いラインが露出してしまうという審美的な欠点がありました。これらの欠点が改善されたジルコニアオールセラミック治療では、金属を使用しなくても十分に対応できる強度があり、透明感のある綺麗な審美治療を行えます。

ジルコニアオールセラミック治療

オールセラミッククラウンでのブリッジ治療について

オールセラミッククラウンでブリッジ治療を行う場合は、たわみによる破折を防ぐ必要があるため、ジルコニアフレームを使用する4種類のオールセラミッククラウンからの選択となります。

1. ジルコニアフレーム オールセラミッククラウン
2. ジルコニアフレーム オールセラミッククラウン(ハイクオリティー)
3. CAD/CAM ジルコニア オールセラミッククラウン
4. CAD/CAM ジルコニア オールセラミッククラウン(ハイクオリティー)

これら、以外のオールセラミッククラウンでのブリッジ治療を希望される場合は、破折などの欠点を、ご了解の上でご判断ください。

ページトップへ戻る

セラミックブリッジの素材別比較

  ハイブリッドセラミック メタルボンドセラミック ジルコニアオールセラミック
通常タイプ ハイクオリティー 通常タイプ ハイクオリティー 通常タイプ ハイクオリティー
透明感
色の深み
変色 ほとんどしない ほとんどしない しない しない しない しない
セラミック歯への
直接の色塗り
なし なし なし あり なし あり
金属の裏打ち あり あり あり あり なし なし
総合的な綺麗さ
総合的な強度
※ 金属アレルギーのある患者様は「金属の裏打ち:なし」の素材をご使用ください。

ジルコニアオールセラミックのタイプ別特徴

  ジルコニアオールセラミック冠 CAD/CAMジルコニアオールセラミック冠
  通常タイプ ハイクオリティー 通常タイプ ハイクオリティー
透明感
色の深み
変色 しない しない しない しない
セラミック歯への
直接の色塗り
なし あり なし あり
金属の裏打ち なし なし なし なし
総合的な綺麗さ
総合的な強度

ハイクオリティータイプ(多層構成)について

当クリニックでは、各種類のセラミック歯にハイクオリティータイプをご用意しております。
ハイクオリティータイプは、通常タイプのセラミック歯に比べ、多層構成されているため色に深みが増し、とても自然で綺麗な仕上がりとなります。太陽の光のもとでの綺麗さが格段と異なってきます。
(室内などではそんなに違いはありません)
多層構成とはセラミック歯を作製するにあたり、細かく異なった色のセラミック素材を何層も何層も盛ることです。
歯科技工士がセラミック歯を作製するのに費やす時間が大幅に増えるので、価格も通常タイプのセラミック歯に比べ高くなります。

セラミック歯への直接の色塗り

ハイクオリティータイプのセラミック歯の場合は、患者様に手鏡やモニターを見て頂きながら、歯科医師の指示を受けた歯科技工士がその場で直接患者様のご希望される色に塗っていきます。多くの患者様にとても綺麗なセラミック歯ができあがると、好評を頂いております。
※標準的な歯の色をされている場合は、歯科技工士による直接の色塗りを、省略する場合もございますのでご了承ください。
(直接の色塗りをせずとも自然で綺麗な色をしたセラミック歯を作製できるからです) 

ページトップへ戻る

初診予約受付
無料カウンセリング予約 無料メール相談 ご予約変更・キャンセル
  • 審美治療部門
  • インプラント部門
  • 矯正歯科部門

吉祥寺セントラルクリニック

〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-4-18
ジョージフォーラムビル5F
※吉祥寺駅北口隣接
※サーティワンアイスクリーム
ビルの入っているビルの5Fです
アクセス