HOME > 矯正歯科 > 小児矯正 > フェイシャルマスク

フェイシャルマスク

上顎の成長を促す矯正治療

フェイシャルマスク

下顎が上顎よりも前方に突出している状態を受け口(下顎前突)といいますが、上顎の成長が悪くて受け口になっているようなケースでは、フェイシャルマスクを使用して矯正治療を行います。
主に上顎が成長する時期(7~13歳頃)の反対咬合の治療に用いられます。

フェイシャルマスクを使用する矯正治療のしくみ

額と顎に装置を取り付けて下顎を動かすと、ワイヤーにつないだゴムが口の中の矯正装置を引っ張って、上顎を前方に押し出します。下顎の動きによって上顎の成長を促し、上下顎のバランスを整えます。

フェイシャルマスクは下顎の成長を抑制して歯並びを改善する装置ですが、上顎の成長を抑制する必要がある場合には、ヘッドギアを使用します。下顎の成長を促進する必要がある場合には、バイオネーターを使用します。

フェイシャルマスクの適応症例

フェイシャルマスクは、主に成長期のお子様の反対咬合(受け口)の治療に使用いたします。

フェイシャルマスクを使用する際に注意していただきたいこと

毎日12時間以上装着してください

通学時や外出時には外してもかまいませんが、家にいる間は装着するようにしましょう。装着するのを忘れると、治療期間が長引いてしまうことがございます。

フェイシャルマスクをつけたままで激しい運動をしないでください

激しく動いたはずみで装置がずれたりはずれたりすると、思わぬ事故を引き起こすことがございます。フェイシャルマスクを着用しているときは、静かに過ごすようにしましょう。

ページトップへ戻る

初診予約受付
無料カウンセリング予約 無料メール相談 ご予約変更・キャンセル
  • 審美治療部門
  • インプラント部門
  • 矯正歯科部門

吉祥寺セントラルクリニック

〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-4-18
ジョージフォーラムビル5F
※吉祥寺駅北口隣接
※サーティワンアイスクリーム
ビルの入っているビルの5Fです
アクセス