HOME > 矯正歯科 > 小児矯正 > ヘッドギア(加強固定装置)

ヘッドギア(加強固定装置)

上顎の成長を抑制する矯正治療

お子様の不正咬合の中でも上顎の骨が大きく成長し過ぎるために上顎前突(出っ歯)になってしまっているケースが、多々見受けられます。このようなケースでは、ヘッドギア(加強固定装置)を使用し、上顎の骨の成長を抑制し、上下の顎のバランスをコントロールして治療します。

ヘッドギアを使用する目的のひとつは、装置の使用により上顎の骨を後方へ引っ張ることです。これにより上顎の骨の成長を抑え、上顎が飛び出し過ぎないようにし、下顎とのバランスを整えます。主に骨格的な上顎前突(出っ歯)の矯正に適応されますが、歯そのものが突出しているようなケースでもヘッドギアを使用することがあります。ヘッドギアを使用することにより、上顎の奥歯を後退させ、歯並び全体を後ろに動かすのです。

ヘッドギア(加強固定装置)を使用する矯正治療のしくみ

上顎の奥歯に固定した装置(1)とフェイスボウという太いワイヤーで出来た装置(2)をつなぎ、フェイスボウを頭部に装着したヘッドキャップに取り付けます。頭部を固定源としてゴムの力で上顎を後方に引っ張り、上顎の骨の成長を抑制させたり、歯並び全体を後退させたりします。

フェイスボウ
フェイスボウ

ヘッドギアは上顎の骨の成長を抑制しますが、下顎の骨の成長を促すことにより上下の顎のバランスを取る必要がある場合には、バイオネーターを使用します。また上顎の骨の成長を促進する必要がある場合には、フェイシャルマスクを使用します。

ヘッドギアの適応症例

ヘッドギアは、主に成長期のお子様の上顎前突(出っ歯/上顎の歯が前方に突出していること)の治療に適しています。

ヘッドギア(加強固定装置)を使用する際に注意していただきたいこと

1日17時間以上使用するようにしてください

長時間使用すればするほど、しっかりと歯が動きます。通学などで一日の使用時間があまり取れない場合は、お休みの日などに長時間使用するようにしてください。

ヘッドギアをつけている間は、静かに過ごしてください

装置が外れて、顔や目に当たると危険です。ヘッドギアを使用している時は、スポーツをしたり激しく動いたりしないように注意してください。

装置の取り扱いに注意してください

ヘッドギアはゴムの弾力を利用して行う矯正治療ですので、引っ張る力が弱くならないように、1週間に1度左右のゴムをご自分で取り替えて頂きます。片方だけしかゴムを取り替えなかったり、フェイスボウがゴムにしっかりとかかっていない状態で使用したりすると思わぬ事故につながることがありますので、十分にご注意ください。

ページトップへ戻る

初診予約受付
無料カウンセリング予約 無料メール相談 ご予約変更・キャンセル
  • 審美治療部門
  • インプラント部門
  • 矯正歯科部門

吉祥寺セントラルクリニック

〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-4-18
ジョージフォーラムビル5F
※吉祥寺駅北口隣接
※サーティワンアイスクリーム
ビルの入っているビルの5Fです
アクセス