HOME > 矯正歯科 > 矯正治療について > 院内技工の利点(矯正治療)

院内技工の利点(矯正治療)

矯正治療における歯科技工士の役割

矯正治療とは装置を使用して歯を動かし、歯並びやかみ合わせを機能的に正しくする歯科治療です。そのため、患者様のお口に合った矯正装置を使用する必要があります。
お子様の矯正治療に使用する拡大床や、後戻りを防ぐために装着するリテーナーを、矯正担当歯科医の指示通りに正確に作り上げるのは歯科技工士の仕事です。矯正担当歯科医と歯科技工士の連携が、矯正治療の仕上がりに大きく影響するのです。

歯科技工士が常駐していることの利点

矯正治療の料金を安く出来る

一般的な歯科医院・矯正歯科医院では、必要な歯科技工物はすべて外部の歯科技工所に外注しなければならないため、高額な技工料金(依頼費用)が発生します。当クリニックには歯科技工士が常駐しており、一部を除くほとんどすべての歯科技工物を院内で作製することができるため、技工料金(依頼費用)を抑えることができます。その分、矯正治療の料金をお安くすることが出来ます。

矯正専用技工物(リテーナー、拡大床など)の完全オーダーメイド化

一般的な歯科医院・矯正歯科医院では、外部の歯科技工所にリテーナーや拡大床などの矯正技工物の作製を依頼するため、患者様のお口の状態やかみ合わせなどの口腔内の情報に関しては、技工指示書などのメモ書きや電話などでしか伝えることができません。
当クリニックでは院内に常勤の歯科技工士を抱えておりますので、歯科医師と歯科技工士が連携し、患者様の特徴(お口の状態やかみ合わせ)について細かな打ち合わせを行なえるため、お一人お一人に合った技工物を作製することが可能になりました。
矯正治療は長期にわたって行う歯科治療ですので、出来るだけ患者様のお口にぴったり合った技工物をお使い頂くことで、少しでも負担を軽減出来るように注意しております。

当クリニックでは患者様に満足度の高い治療を受けていただくために、設備を整えるのはもちろんのこと、手間暇をかけた丁寧な治療を行うようにスタッフ全員が心がけております

矯正治療期間を短く出来る

一般的な歯科医院では、矯正技工物(リテーナーや拡大床)を作るのに2週間程度かかることがあります。これは、医院で採取した歯型を外部の歯科技工所に宅配便などで送付→歯科技工所で仮歯を作製→出来上がった歯科技工物を歯科医院に宅配便などで送付…という手順が必要になるためです。
当クリニックには歯科技工士が常駐しており、一部を除いたほとんどすべての歯科技工物を院内で作製することが出来ます。歯型などを運搬するためにかかる時間などを省いて、全体的な製作期間を短縮することが出来ます。

※一部の歯科技工物は、外部の歯科技工所に作業を依頼することもあります。

リテーナーなどの即日修理が出来る

歯科技工士が院内に常駐していることにより、歯科技工物の修理に関しても、歯科技工物の作製と同様に即日対応が可能です(修理内容によっては数日頂くこともあります)。
例えばお子様の拡大床は取りはずしが可能ですので、装置を落として壊してしまったり歪んで合わなくなってしまったりすることがあるかと思いますが、ご連絡をいただければ速やかな対応が可能です。矯正治療を円滑に進めるためにも、院内に歯科技工士が常駐していることは、大きな意味を持っております。

ページトップへ戻る

初診予約受付
ご予約変更・キャンセル
無料メール相談
無料カウンセリング予約
  • 審美治療部門
  • インプラント部門
  • 矯正歯科部門

吉祥寺セントラルクリニック

〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-4-18
ジョージフォーラムビル5F
※吉祥寺駅北口隣接
※サーティワンアイスクリーム
ビルの入っているビルの5Fです
アクセス