口臭治療について

口臭の原因は“お口”です

口臭の原因には様々なものがありますが、80%以上は“お口の中”にあると言われています。清掃不良、またはお口の中に汚れが残りやすい状態であると、停滞した汚れをエサに細菌が増殖してしまいます。増殖した細菌からは、揮発性硫黄化合物のガスが発生し、臭いをもたらします。
しばしば、膿栓(喉の奥から出てくる臭いのある小さな塊)が口臭の原因であるかのように言われることがありますが、細菌や食べ物のカスが固まったもの(歯垢のようなもの)で、膿栓が強く臭って口臭の原因となることはありません。口臭の原因と誤解してご自分で除去しようとすると扁桃腺を傷つけるおそれがありますので、気になる方は耳鼻咽喉科で除去して貰うようにしてください。

口臭の原因と治療法

歯周病(歯槽膿漏)

口臭の原因として最も多く挙げられるのは、歯周病(歯槽膿漏)です。歯周病(歯槽膿漏)は、お口の中が不衛生な状態によって起こる感染症で、歯周病菌が増殖し、歯を支える周りの組織に炎症が起こります。状態が悪化していると、汚れや膿からの臭いが強い口臭となります。この場合、歯周病の原因や要因を取り除く治療が必要です。

歯周病

虫歯・不良補綴

虫歯や、歯に合っていない詰め物や被せ物、お手入れをしていない入れ歯などは、汚れが停滞しやすく口臭の原因となることがあります。この場合、それぞれの治療が必要です。

一般歯科

だ液が少ない・口が渇きやすい

だ液には洗浄作用や抗菌作用があり、お口の中の細菌の活動を抑える働きがあります。元々だ液が少ない方や、口が渇きやすい方は、細菌が活動しやすく、口臭が強くなります。この場合、歯科でだ液検査を受け、定期的なメンテナンスで口腔ケアを行うことで口臭を抑えることができます。
また、鼻炎で鼻が詰まり、口呼吸をしているために口が乾きやすい方は、耳鼻咽喉科での治療も並行して行われることをおすすめします。

メンテナンス

胃腸・消化器系など体の不調

胃潰瘍や糖尿病などの全身疾患によって口臭がでることもあります。体の不調が原因であると疑われる場合は、医科(内科)での受診をおすすめしております。

医科

ページトップへ戻る

初診予約受付
無料カウンセリング予約 無料メール相談 ご予約変更・キャンセル
  • 審美治療部門
  • インプラント部門
  • 矯正歯科部門

吉祥寺セントラルクリニック

〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-4-18
ジョージフォーラムビル5F
※吉祥寺駅北口隣接
※サーティワンアイスクリーム
ビルの入っているビルの5Fです
アクセス