HOME > 義歯治療 > アタッチメントを併用した入れ歯治療 > バーアタッチメントデンチャー

バーアタッチメントデンチャー

歯を部分的に失い、併せて虫歯などで根っこだけが残っている歯がある方には、磁石アタッチメントデンチャーまたはバーアタッチメントデンチャーなどの治療法もお勧めです。

クラスプを使わず、バーと連結させる入れ歯治療

バーと連結させる入れ歯治療

残っている歯の根っこに金属の土台を取り付け、それらを金属バーで連結し、そのバーを挟むクリップの付いた入れ歯を装着させます。維持力が高いため、入れ歯がずれたり、外れたりすることはほとんどありません。

また、一般的な入れ歯のようなクラスプ(留め具)がありませんので、入れ歯を付けているようには見えません。

歯根がない方のバーアタッチメントデンチャー

バーアタッチメントデンチャーは、金属バーを取り付ける歯の根っこがなければ受けられません。まったく歯がない方にはインプラント治療を受けていただき、埋め入れた人工歯根に金属バーを取り付け、バーアタッチメントデンチャーを装着させる方法をお勧めしております。

バーアタッチメントデンチャー(インプラント)

ページトップへ戻る

バーアタッチメントデンチャーの利点・欠点

利点

  • クラスプ(針金)を使用しないので、見た目が良い
  • ガタつきがなく、違和感が少ない
  • クラスプ(針金)を使用する入れ歯よりも安定感があり、かみ心地が比較的良い
  • ご自身の歯をできるだけ残すことができる

欠点

  • 歯根が残っている方にしか適用できない
  • 歯を金属バーで連結するため、残存歯の状態や部位によっては適用できないことがある
  • 保険が適用されないため、治療費が高額になる

ページトップへ戻る

クラスプを使わないその他の入れ歯

ページトップへ戻る

初診予約受付
無料カウンセリング予約 無料メール相談 ご予約変更・キャンセル
  • 審美治療部門
  • インプラント部門
  • 矯正歯科部門

吉祥寺セントラルクリニック

〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-4-18
ジョージフォーラムビル5F
※吉祥寺駅北口隣接
※サーティワンアイスクリーム
ビルの入っているビルの5Fです
アクセス