HOME > 義歯治療 > 部分入れ歯治療 > 白いクラスプを使用した部分入れ歯

白いクラスプを使用した部分入れ歯

クラスプが目立たない部分入れ歯

保険のクラスプ
保険のクラスプ
白いクラスプ
白いクラスプ

保険適用の部分入れ歯は、歯に固定するためのクラスプ(留め具)が金属になりますので、大きくお口を開けたときに光って目立つことがあります。それが気になる方には、クラスプが白いプラスチック(レジン)からなる部分入れ歯をお勧めします。
歯と同じような色のクラスプですので、金属よりも目立ちにくくなります。(さらに見た目を追及されたい方には、ノンクラスプデンチャーをお勧めします。)

白いクラスプの利点

  • クラスプ部分が白い(歯に近い色)ため、部分入れ歯を入れていることに気づかれにくくなります
  • クラスプが金属よりも柔らかい素材で作られているため、固定源になっている歯を傷つけにくいという利点があります。
  • クラスプ部分に弾力がありますので、かみ合せた時に固定源になっている歯に無理な力が加わりにくく、装着時の違和感が軽減されます
  • 従来の金属クラスプを白いクラスプに交換することができますので、新たに部分入れ歯を作り直す必要がありません。
  • 金属を使用していませんので、金属アレルギーの心配がありません。

白いクラスプの欠点

  • 金属のクラスプと比べて強度に難があるため、破損する可能性が高くなります
  • 保険が適用できませんので、治療費が高額になります
  • 強度を出すためにクラスプが太くなっています。金属のクラスプと比較すると目立ちにくいですが、全く目立たないというわけではありません。目立たない部分入れ歯をご希望の方は、ノンクラスプデンチャーをお選びください。

ページトップへ戻る

初診予約受付
無料カウンセリング予約 無料メール相談 ご予約変更・キャンセル
  • 審美治療部門
  • インプラント部門
  • 矯正歯科部門

吉祥寺セントラルクリニック

〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-4-18
ジョージフォーラムビル5F
※吉祥寺駅北口隣接
※サーティワンアイスクリーム
ビルの入っているビルの5Fです
アクセス