HOME > 義歯治療 > 入れ歯治療について > インプラント治療と比較した利点・欠点

インプラント治療と比較した利点・欠点

虫歯や歯周病、外傷などで失った歯を補う治療法として、入れ歯(義歯)またはインプラントをお勧めしております。
インプラントの特長としては、見た目や機能性の高さが挙げられ、入れ歯の特長としては、他の治療と比べて治療の条件が少ないことや、費用負担が抑えられることなどが挙げられます。
どちらが適しているかは、患者様一人ひとりによって異なります。ここではそれぞれの利点と欠点についてご説明いたします。

入れ歯治療
入れ歯治療

インプラント治療
インプラント治療

ページトップへ戻る

入れ歯治療の利点・欠点

利点

  • 保険治療を選択した場合、費用を抑えられる。
  • 作製期間が1ヶ月前後なので、短期間で補うことができる。
  • 自分自身で着脱可能で、お手入れがしやすい。

欠点

  • 入れ歯のお手入れと、自分の歯の掃除が必要で、手間がかかる。
  • 食べ物が入れ歯と粘膜の間に挟まり、痛むことがある。
  • 噛みにくい食べ物がでやすい。
  • 保険治療を選択した場合、プラスチック製になるため、臭いや汚れが吸着しやすい。
  • 異物感が強く、慣れるまで話しづらい。
  • 部分入れ歯の場合、クラスプ(留め具)があるため、見た目に影響したり、かける歯に負担がかかったりする。
  • 総入れ歯の場合、粘膜を覆う面積が大きいため、食べ物の味や温度がわかりづらくなることがある。
  • 顎の骨が痩せやすくなり、入れ歯の作り変えが定期的に必要となる。

ページトップへ戻る

インプラント治療の利点・欠点

利点

  • 顎の骨にインプラントを埋め入れ、人工歯(上部構造)を接続する構造のため、安定性が高く、自分の歯と同じような見た目と機能を果たす。
  • お手入れは、基本的に自分の歯と同様で簡単である。
  • 残っている周りの歯に負担をかけることなく、失った歯を補えるため、周りの歯を守ることにもなる。
  • 埋め入れたインプラントが歯根と同じ役割を果たし、顎の骨の吸収(痩せること)を防ぐ。
  • 毎日の丁寧なブラッシングと、定期に検診を受け続けることで、長期にわたって使うことができる。

欠点

  • ほとんどの場合、自由(自費)診療となるため、治療費の負担が増える。
  • インプラントを埋め入れる顎の骨のスペースが必要で、骨が薄い場合は、骨を増やす外科手術が必要となる。
  • 健康状態によってはインプラント治療が受けられないことがある。
  • 適切なメンテナンスを受けていなければ、歯周病と似た病気(インプラント周囲炎)を発症し、何か症状が出たときには治療が難しくなることがある。

ページトップへ戻る

初診予約受付
無料カウンセリング予約 無料メール相談 ご予約変更・キャンセル
  • 審美治療部門
  • インプラント部門
  • 矯正歯科部門

吉祥寺セントラルクリニック

〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-4-18
ジョージフォーラムビル5F
※吉祥寺駅北口隣接
※サーティワンアイスクリーム
ビルの入っているビルの5Fです
アクセス