HOME義歯治療 > インプラント治療を併用した入れ歯治療 > バーアタッチメントデンチャー(インプラント)

バーアタッチメントデンチャー(インプラント)

インプラントを併用し、バーと連結させる入れ歯治療

歯を全て失ってしまった場合、インプラントを併用するバーアタッチメントデンチャー治療を選択することもできます。

バーと連結させる入れ歯治療

まず、インプラントを埋め入れる外科手術を行います。その後、インプラントに金属の土台を取り付け、それらを金属バーで連結し、そのバーを挟むクリップの付いた入れ歯を装着させます。維持力が高いため、入れ歯がずれたり、外れたりすることはほとんどなく、入れ歯の表面には留め具などの部品が付いていませんので、入れ歯を付けているようには見えません。 
また、通常のインプラント治療よりも少ない費用負担で補えるメリットもあります。

 

歯根が残っている方のバーアタッチメントデンチャー

歯の根っこが残っていれば、それを利用してバーアタッチメントデンチャー治療を受けていただくことができます。しかし、残っている歯の位置や数によっては、インプラント治療の併用しなければならないこともあります。詳しくは、ご相談ください。

バーアタッチメントデンチャー

ページトップへ戻る

バーアタッチメントデンチャーの利点・欠点

利点

  • クラスプ(針金)を使用しないので、見た目が良い
  • ガタつきがなく、違和感が少ない
  • クラスプ(針金)を使用する入れ歯よりも安定感があり、かみ心地が比較的良い
  • インプラントの本数を少なく出来る

欠点

  • インプラントを金属バーで連結するため、入れ歯を入れる部位によっては適用できないことがある
  • 保険が適用されないため、治療費が高額になる

ページトップへ戻る

クラスプを使わないその他の入れ歯

ページトップへ戻る

初診予約受付
無料カウンセリング予約 無料メール相談 ご予約変更・キャンセル
  • 審美治療部門
  • インプラント部門
  • 矯正歯科部門

吉祥寺セントラルクリニック

〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-4-18
ジョージフォーラムビル5F
※吉祥寺駅北口隣接
※サーティワンアイスクリーム
ビルの入っているビルの5Fです
アクセス