HOME > 義歯治療 > 総入れ歯治療 > 金属を使用した薄い総入れ歯

金属を使用した薄い総入れ歯

金属を使用した総入れ歯(上)
金属を使用した総入れ歯(上)

金属を使用した総入れ歯(下)
金属を使用した総入れ歯(下)

金属床の総入れ歯の特徴

粘膜の上に乗せる床[しょう]が、金属フレームベースとなっている総入れ歯です。
保険診療の場合、入れ歯の素材はすべてプラスチック(レジン)ですので、強度を確保するために床の厚みが必要で、それによって装着時に違和感がでることがあります。

金属床の入れ歯は、金属フレームを使用することで強度が確保され、保険の入れ歯よりも薄く、違和感の少ないものを作製することができます。また、食べ物や飲み物の温冷が伝わりやすくなり、お食事を楽しめることが期待できます。使用する金属フレームは、コバルトクロム、チタン、プラチナの3種類からお選びいただけます。

金属床の総入れ歯の利点

  • 丈夫で壊れにくいため、保険の樹脂床の総入れ歯よりも、薄く軽く作ることが出来、違和感やしゃべりにくさが軽減されます。
  • 金属は熱伝導性に優れているため、食べ物の温かさや冷たさを感じることが出来ます。
  • 臭いや汚れが付きにくいため、清潔です。
  • 樹脂よりも金属の方が細かい調整をしやすいため、保険のものよりもぴったりと合った総入れ歯を作ることが出来ます。

金属床の総入れ歯の欠点

  • 金属という性質上、破損した場合は補修が困難です。
  • 使用する金属によっては金属アレルギーを引き起こすことがあります。必ず事前にアレルギーテストを受けてください。
  • 保険が適用されないため、非常に高価です。

ページトップへ戻る

金属床の総入れ歯の種類

コバルトクロム床の総入れ歯

コバルトクロムは金属アレルギーのリスクが少ない素材です。(ただし、コバルトクロムアレルギーの方は受けられません。)コバルトクロムが持つ強度によって、厚みや違和感の少ない入れ歯を作ることができます。金属床の中で最も治療費を抑えることができます。

チタン床の総入れ歯

チタンは金属アレルギーのリスクが非常に少ない素材です。(ただし、チタンアレルギーの方は受けられません。)チタン床はコバルトクロム床の4分の1の軽さでありながら強度があるため、より厚みや違和感の少ない入れ歯を作ることができます。

白金加金床義歯

プラチナ(白金加金)は金属アレルギーのリスクが少ない素材です。(ただし、プラチナアレルギーの方は受けられません。)精密な加工がしやすいため、粘膜にぴったり合いやすい入れ歯を作製できます。また、チタンほどの硬さがないので、お口の中で馴染みがよく、装着感が優れています。しかし、金属床の中で最も重さがあり、費用負担が大きくなります。

ページトップへ戻る

初診予約受付
無料カウンセリング予約 無料メール相談 ご予約変更・キャンセル
  • 審美治療部門
  • インプラント部門
  • 矯正歯科部門

吉祥寺セントラルクリニック

〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-4-18
ジョージフォーラムビル5F
※吉祥寺駅北口隣接
※サーティワンアイスクリーム
ビルの入っているビルの5Fです
アクセス