HOME > 東京のインプラント > 骨を増やすインプラント治療 > 骨移植(ボーングラフト)

骨移植(ボーングラフト)

骨移植(ボーングラフト)とは

ボーングラフト(骨移植)とは、骨が吸収されて薄くなっている部分に骨のブロックを移植し、細かく砕いた患者様自身の骨または骨補填材を詰めて、骨の再生を促す治療法です。
患者様ご自身の骨を移植する自家骨移植、本人以外の骨から作られた骨補填材を使用する他家骨移植、ハイドロキシアパタイトなどの人工骨を使用する人工骨移植があり、自家骨移植が最も再生率が高いと考えられております。

ページトップへ戻る

負担が少ない自家骨移植を行っています

これまでの自家骨移植は、骨ノミをハンマー(金づち)で激しく叩いて骨のブロックを採取していたため、患者様にはハンマーで叩く際に出る音と振動がかなりの恐怖となっていました。当クリニックでは超音波医療機器ピエゾサージェリーを導入することにより、歯石をとるような感覚で安全に骨のブロックを採取することが可能となりました。音や振動もほとんど気になりません。

また、東京・吉祥寺セントラルクリニックでは、医科との連携により骨補填材に関しても、患者様ご自身から採血した血液を再生医療機器メディフュージにより遠心分離させてできるCGF(完全自己血液由来のフィブリンゲル)を基本的に骨補填材の代わりに使用しております。患者様ご自身の血液を利用していることに加え、添加物を一切使用しておりませんので、感染のリスクが低減されるという利点もあります。

※症例によっては人工の吸収性メンブレンを使用する場合もございます。

PRP再生療法 CGF再生療法(新PRP再生療法)

ページトップへ戻る

治療の流れ、治療期間

移植骨・骨充填材

骨が吸収されて薄くなった部分に、患者様ご自身の骨(顎の骨)を移植したり、骨補填材を詰めて骨を作ります。
移植骨材には、顎の骨以外の骨(腰の骨など)を使用する場合もありますが、当クリニックでは患者様の負担を少なくすることから、腰の骨からの移植は避ける方法をとっております。

患者様の状態により個人差はありますが概ね4~6ヶ月で骨が再生されます。

ページトップへ戻る

初診予約受付
無料カウンセリング予約 無料メール相談 ご予約変更・キャンセル
  • 審美治療部門
  • インプラント部門
  • 矯正歯科部門

吉祥寺セントラルクリニック

〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-4-18
ジョージフォーラムビル5F
※吉祥寺駅北口隣接
※サーティワンアイスクリーム
ビルの入っているビルの5Fです
アクセス