HOME > 東京のインプラント > インプラント治療について > CT診断の必要性

CT診断の必要性について

CT撮影無料!(インプラント治療希望患者様対象)

安全なインプラント治療を行うためのCT診断

インプラント治療において最も需要なことは、可能な限り正確な診断を行うことです。インプラントに関する事故(インプラント治療の失敗)は、施術前の診断が不十分なために起こることが多いと言われています。
患者様に安心してインプラント治療を受けて頂くためには、お一人お一人の歯や骨の状態を正確に把握して的確な診断を行う必要がございます。より安全で確実なインプラント治療を行うために、CT (Computed Tomography)撮影による診断が不可欠と考えております。

東京・吉祥寺セントラルクリニックでは、インプラント治療を希望される患者様には、必ずCT撮影を受けて頂いてから診断を行います。インプラント治療の安全性を一層高めるために必要なことですので、ご理解ください。

CT撮影

「正確な診断」のための高精度CT

ベラビューエポックス3Df

インプラント治療においてCT診断が重要であることから、吉祥寺セントラルクリニックでは、CT(株式会社モリタ製作所 ベラビューエポックス3Df)を導入いたしました。
CTは価格によって性能に差があるため、骨造成を要するなど難しい症例においてインプラント治療を行うことが多い当院では、性能(精度)の高さを重視して、最高級クラスのCTを選択いたしました。

インプラント治療においてCT撮影が必須と考える歯科医院は多くありますが、自院でCTを導入している歯科医院はそれほど多くありません。正確な診断を行うために不可欠な精度の高いCTは非常に高額なため、採算が取れないことを理由として導入を見送っている歯科医院もありますが、当クリニックでは、コストよりも患者様の安全を優先し、導入を決定いたしました。

ページトップへ戻る

保険のレントゲン(パノラマレントゲン)との違い

当クリニックでインプラント治療を受けられる患者様から「他の歯科医院ではパノラマレントゲンだけでも大丈夫だと言われたことがありますが、CTは本当に必要なの?」というご質問を受けることがございます。
もちろん保険で撮影する2次元的なパノラマレントゲン写真でも大まかな診断は可能です。しかし、部位によってはパノラマレントゲンでは骨の厚みや神経の位置を正確にとらえることができないことがございます。経験や感覚で手術を行うことも可能ですが、より安全なインプラント治療を受けていただくためには、CTによる3次元的診断が必要であると考えております。

周辺組織の状態を三次元的に把握できます

顎の骨の中には神経や血管が通っています。特に神経は複雑に張り巡らされている部分もあり、平面的なパノラマレントゲンだけで正確にとらえるのは難しい場合がございます。
CT診断でより安全性の高い治療を行うことが出来るのはもちろん、CT撮影した画像を患者様にご覧いただきながらご説明することで、安心して治療を受けていただくことができるのではないかと考えております。

骨量の不足を事前に知ることができます

インプラント治療においては、骨の厚み(骨量)がどのくらいあるかをできるだけ正確に把握することが大切です。骨が薄くなっている部分に無理に手術を施したとしても、骨がインプラントを支えることが出来ないためトラブルの原因となります。
骨が薄い(骨量が少ない)方にインプラント治療を行う際には、骨を増やす治療が必要になります。正しい診断を行ってインプラント治療の安全性を高めるために、当クリニックではCT診断は不可欠と考えております。

ページトップへ戻る

初診予約受付
無料カウンセリング予約 無料メール相談 ご予約変更・キャンセル
  • 審美治療部門
  • インプラント部門
  • 矯正歯科部門

吉祥寺セントラルクリニック

〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-4-18
ジョージフォーラムビル5F
※吉祥寺駅北口隣接
※サーティワンアイスクリーム
ビルの入っているビルの5Fです
アクセス